メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

引っ越し難民

深刻 見積もり150万円、受注お断り100件超 人手不足、働き方改革影響 識者「繁忙期の分散を」

「アップル」の引っ越し作業。繁忙期は希望日に引っ越すのは難しくなっている=同社提供

 新年度を前に、希望日に引っ越しできない「引っ越し難民」問題が深刻化している。人手不足や働き方改革で、引っ越し業者が受注を減らす傾向にあるためだ。料金も高額化しており、引っ越し時期の分散化を求める声が強まっている。【竹地広憲、今村茜】

 川崎市宮前区の主婦、亀山順子さん(29)は先月、神奈川県内の実家に4月上旬に一家4人で引っ越すため、インターネットで複数の業者に見積もりを依頼した。目安は2年前、同じような条件で姉が引っ越した時の8万円。だが「多くの業者から日程の変更を求められ、約40万円を提示されるケースもあった」と驚く。結局、9万3000円を提示した最安業者と契約したが「高額の料金を受け入れざるを得ない人もいるはずだ」と話す。

 「見積もりで150万円を示された」「市内の単身の引っ越しで20万円を請求された」--。国民生活セン…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです