メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

引っ越し難民

深刻 見積もり150万円、受注お断り100件超 人手不足、働き方改革影響 識者「繁忙期の分散を」

「アップル」の引っ越し作業。繁忙期は希望日に引っ越すのは難しくなっている=同社提供

 新年度を前に、希望日に引っ越しできない「引っ越し難民」問題が深刻化している。人手不足や働き方改革で、引っ越し業者が受注を減らす傾向にあるためだ。料金も高額化しており、引っ越し時期の分散化を求める声が強まっている。【竹地広憲、今村茜】

 川崎市宮前区の主婦、亀山順子さん(29)は先月、神奈川県内の実家に4月上旬に一家4人で引っ越すため、インターネットで複数の業者に見積もりを依頼した。目安は2年前、同じような条件で姉が引っ越した時の8万円。だが「多くの業者から日程の変更を求められ、約40万円を提示されるケースもあった」と驚く。結局、9万3000円を提示した最安業者と契約したが「高額の料金を受け入れざるを得ない人もいるはずだ」と話す。

 「見積もりで150万円を示された」「市内の単身の引っ越しで20万円を請求された」--。国民生活センターには今月に入り、引っ越し料金を巡る相談が相次いでいる。大手業者によると「従業員の転勤に合わせた法人契約を優先させるため、個人客と契約する余裕はない」状況だ。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです