メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 ろうあ団体が全国調査 既に十数件判明

 障害者らへの強制不妊手術について、ろうあ者らの全国組織「全日本ろうあ連盟」(本部・東京都新宿区)が、会員約1万9000人を対象に初の全国調査を始める。旧優生保護法(1948~96年)下で強制手術を受けた宮城県の女性が1月、国を相手に損害賠償訴訟を起こしたのをきっかけに、連盟内でも不妊手術を受けたとする事例が少なくとも十数件あるとわかり、調査が必要と判断した。

 同法は、遺伝するとされていた身体障害のある人も強制手術の対象者にしており、遺伝性の難聴やろうなどが…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです