メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 ろうあ団体が全国調査 既に十数件判明

 障害者らへの強制不妊手術について、ろうあ者らの全国組織「全日本ろうあ連盟」(本部・東京都新宿区)が、会員約1万9000人を対象に初の全国調査を始める。旧優生保護法(1948~96年)下で強制手術を受けた宮城県の女性が1月、国を相手に損害賠償訴訟を起こしたのをきっかけに、連盟内でも不妊手術を受けたとする事例が少なくとも十数件あるとわかり、調査が必要と判断した。

 同法は、遺伝するとされていた身体障害のある人も強制手術の対象者にしており、遺伝性の難聴やろうなどが…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文557文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです