メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護実習生

人材育て中国へ 名古屋の事業者受け入れ 一人っ子政策、職員不足懸念

 昨年11月から外国人技能実習制度に追加された介護職の実習生を中国から受け入れようと、名古屋市の介護事業者らが今年1月、団体を発足させた。少子高齢化が進む中国でも今後、介護の担い手不足が深刻化するとされる。理事長の王洋さん(31)は「日本で育った人材に活躍してほしい」と期待する。

 団体は「中日福祉人財協同組合」。岐阜市や名古屋市で老人ホームを運営する会社など3社と長野県飯田市のNPO法人が出資した。制度上必要とされる「監理団体」となり中国の送り出し機関と連携し、出資先に実習生を紹介して受け入れてもらう計画。発足準備に1年以上かけ、中国の介護施設を視察し日本の介護事業者への説明会を開いてきた。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)などによると、中国では一人っ子政策などの影響で、2016年に約1億50…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文891文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです