特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

逆襲の花巻東

’18センバツ 選手紹介/4止 /岩手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

チーム一の俊足 瀬戸雄貴(たかき)外野手(2年)

瀬戸雄貴外野手 拡大
瀬戸雄貴外野手

 50メートル6秒0とチーム一の俊足。流し打ちとバントも得意とする。毎日の自主練習では、3~5メートルを素早く切り返して往復するラダートレーニングを息が上がるまで続ける。

 センバツ出場決定後は出身地・釜石から多くの応援の声が届き、「選球眼を磨いて塁に出たい」と誓う。

 マイブームは小説も映画も好きな「永遠の0」。

小柄でも光る攻守 八幡尚稀(しょうき)外野手(2年)

八幡尚稀外野手 拡大
八幡尚稀外野手

 守備範囲が広く、昨春から外野手に転向した。身長159センチと小柄だが、素早さを生かした走塁やバント、野手の間を狙うライナーなど小技が光る。

 この冬は打撃力を高めようと、スクワットで上げるバーベルの重量を20キロ増やし、筋力アップに力を入れてきた。

 好きな言葉は「ダイヤはダイヤで磨かれ、人は人で磨かれる」。

「自分超す」目標に 菊地大成(たいせい)内野手(2年)

菊地大成内野手 拡大
菊地大成内野手

 1年秋から内野手としてベンチ入りした守備の実力者。2年春に右肩を亜脱臼。夏には腰椎(ようつい)分離症も発症し、満足に練習できない期間が続いた。

 走塁やバントなどの小技に定評がある。この冬は「自分を超す」を目標に練習に取り組んだ。

 将来の夢はスポーツトレーナー。今宮健太内野手(ソフトバンク)を尊敬する。

長身生かし強打誇る 中村勇真(ゆうま)外野手(1年)

中村勇真外野手 拡大
中村勇真外野手

 身長183センチの大型スラッガー。昨秋の公式戦は出場5試合ながら打率5割をマーク。東北大会2回戦では先制の適時三塁打を放った。

 この冬は、東北大会で打てなかった内角の速球に対応できるよう、スイングスピードを上げる練習に重きを置いてきた。

 お笑いが好きで、オフの日には思い切り笑って気分転換する。

最速142キロ本格派右腕 西舘勇陽(ゆうひ)投手(1年)

西舘勇陽投手 拡大
西舘勇陽投手

 「大谷2世」と注目される最速142キロの本格派右腕。昨秋の公式戦は7試合に登板し、防御率1・52と安定した投球でチームに貢献した。冬場は背中を中心に筋力を強化。スライダーなどの変化球の威力が増してきた。

 自身の性格は「人見知り」と語る。最近読んでいるのは、広島や米大リーグで活躍した黒田博樹さんの本。

出塁率意識して練習 中森至(いたる)外野手(1年)

中森至外野手 拡大
中森至外野手

 昨秋の公式戦10試合のうち9試合に出場。打線では主に1番を任されたが、「出塁率が低かった」と悔しさをのぞかせる。

 この冬の打撃練習は出塁率を上げるため、広角に打ち分けることを意識。バントなどの小技にも力を入れた。

 投手としての能力も高く、左上から抜群のコントロールで打者を打ち取る。

 =おわり

関連記事

あわせて読みたい