メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

CFで復興支援へ 福島の事業者と交流会 /東京

伊達氏ゆかりの地を武将姿でPRする阿武隈急行沿線開発推進協議会のメンバー=中央区内で

 東日本大震災からの復興を応援したい人と福島県内の事業者をマッチングさせるため、県がインターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を紹介する「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」に採択された地元事業者と、復興を支援したい人との交流会が16日、中央区で開かれた。

 県は東京のファンド運営会社「ミュージックセキュリティーズ」に委託して、CFサイトを開設。事業収入から配当を得る「投資型」と、事業者から商品などを買って復興を支援する「購入型」でそれぞれ事業者を募り、CF開始に必要な手数料の一部を補助している。

 「購入型」では、毎日新聞が運営に携わるCFサイト「MOTTAINAIもっと」(https://mo…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです