特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

飛躍・日大三センバツへ

戦力分析/上 打撃 固定の上位、活躍期待 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小倉全由監督(右)からトスを受け、バッティング練習を行う4番の大塚晃平選手。打線の核としての活躍が期待される=町田市の日大三で 拡大
小倉全由監督(右)からトスを受け、バッティング練習を行う4番の大塚晃平選手。打線の核としての活躍が期待される=町田市の日大三で

 <第90回記念選抜高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)が23日開幕する。2年連続20回目の出場となる日大三は、センバツ初出場の由利工(秋田)と大会2日目(24日予定)に対戦する。7年ぶりのセンバツ勝利を目指すチームの打撃力、投手力、守備力・走塁力を、3回に分けて紹介する。【蒔田備憲】

 日大三は「強打」を看板に、春夏合わせて3度の甲子園優勝を手にしてきた。今チームも昨秋の東京大会、明治神宮大会を通じて1~4番を打つ選手をがっちりと固定。東京大会8試合のうち5試合で、1イニング5点以上を記録した。好投手とぶつかるセンバツで勝利するには、上位打線が期待通りに活躍することが不可欠だ。

 チャンスを作り、広げる1、2番には、出塁率の高い金子凌選手、木代成選手のコンビが座る。

 金子選手は、塁間とほぼ同じ30メートル走でチームトップクラスの走力がある。昨秋の公式戦でチームトップの4盗塁を記録。足でチームを引っ張ることが期待される。木代選手は選球眼が良く、小技もこなす。小倉全由監督は「脅威の2番打者になってほしい」と、好機を広げるため積極策を講じる可能性をにじませる。

 3番は日置航主将。内外角球とも苦にせず打ち返し、バットコントロールの技術はチーム随一。パンチ力もあり、昨春の東京大会で5本塁打を放った。

 4番の大塚晃平選手も、今月に入って練習試合で本塁打を放つなど好調を維持。「ポイントゲッター」として信頼を集める。

 5番は長打力のある飯村昇大選手、6番は投手と外野手兼任の中村奎太選手が担う。出塁率の高い日置、大塚両選手の後を打つため、相手を一気に突き放す「ビッグイニング」をつくれるかどうかがかかる、重い打順だ。

 下位打線は、昨秋公式戦でチーム2位の打点を記録し好機に強い斉藤龍二選手、俊足の柳沢真平選手が控える。さらに、スターティングメンバー入りを目指し、今年に入って紅白戦などで結果を出している小沢優翔選手、上野隆成選手らが競う。


予想される先発メンバー

打順 名前   守備 学年  打率

1  金子凌   三  2  .371

2  木代成   二  2  .308

3  日置航   遊 (2) .444

4  大塚晃平  右  2  .514

5  飯村昇大  一  2  .467

6  中村奎太  投  2  .400

7  上野隆成  左  2     -

   小沢優翔  〃  2  .000

8  柳沢真平  中  2  .261

9  斉藤龍二  捕  2  .348

 ※打率は昨秋の公式戦記録。-は出場機会なし。7番は相手投手に応じて起用。学年の( )は主将。

関連記事

あわせて読みたい