特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 部員紹介/12止 マネジャー(1年) 悔いなく選手支える /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
左から渡部、小島、大矢、志水、角田の各マネジャー 拡大
左から渡部、小島、大矢、志水、角田の各マネジャー

 <第90回記念選抜高校野球>

渡部真世

 テレビで東邦野球部マネジャーが紹介されているのを見て、「人のために働きたい」と入部した。当初は人見知りで「選手も全員怖かった」が、今では気軽に話せるようになった。「大変だが、自分で決めて入部したので最後までやりきりたい」

小島実花

 家族の影響で野球が大好きになり、現在は練習以外の時間もプロの試合を見ながらスコアを付けるほどに魅了された。選手らとプロ野球の話で盛り上がれることがうれしいという。「選手のメンタルや体調管理もできる最強のマネジャーになりたい」と宣言する。

志水美紅

 「どんな時も笑顔でありたい」と話すとおり、笑顔でチームを和ませる。「つらくて辞めたい」と思う時も、1年のマネジャー同士で相談し合って乗り越えていけることに魅力を感じている。投手の練習を支える「ピッチャーマネジャー」として奮闘中。

大矢亜未

 「東邦は制服が可愛い」と気に入り、さらに2016年夏の甲子園での逆転劇を見て入部を決めた。グラウンド周辺の竹やぶを切ることなど「こんなことまでやるのか」と最初は戸惑ったが、「引退まで、この5人でしっかり元気に働きたい」と全力で取り組む。

角田ひかる

 水を手渡すなど、ささいなことでも選手に感謝される時にやりがいを感じる。「『女子力』はないし大変だけど、高校生活で野球部のマネジャーをやって良かったと思えるように、悔いなく支えていきたい」と忙しい日々でも前向きだ。【横田伸治】=敬称略、おわり

関連記事

あわせて読みたい