メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街・ひと・物語

生きる知恵と力、高めたい リベルタ学舎代表・湯川カナさん /兵庫

スタッフと打ち合わせをする湯川カナさん(右)=神戸市中央区江戸町のリベルタ学舎で、元田禎撮影

 一般社団法人「リベルタ学舎」(神戸市中央区)は「生きる知恵と力を高める」を理念に、主婦による議員への政策イベントを開いたり、主婦や若者の仕事創出を目的としたサロンを開設するなど多彩な取り組みを実践する。湯川カナ代表(44)は「全ての大人が今を幸せに生きれば、きっと全ての子どもが未来に希望を持てる。そのチャレンジの場を作りたい」と語る。

 幼い頃は鍵っ子で、本を読んでいると寂しさが紛れた。小学校の卒業文集に「童話作家になる」とつづったのは、子どもたちを喜ばせる仕事をしたかったからだ。弁護士を目指し早稲田大法学部に進学。あらゆる情報に平等にアクセスできるインターネットの世界に魅力を感じ、「Yahoo!JAPN」の設立に関わった。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです