メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街・ひと・物語

生きる知恵と力、高めたい リベルタ学舎代表・湯川カナさん /兵庫

スタッフと打ち合わせをする湯川カナさん(右)=神戸市中央区江戸町のリベルタ学舎で、元田禎撮影

 一般社団法人「リベルタ学舎」(神戸市中央区)は「生きる知恵と力を高める」を理念に、主婦による議員への政策イベントを開いたり、主婦や若者の仕事創出を目的としたサロンを開設するなど多彩な取り組みを実践する。湯川カナ代表(44)は「全ての大人が今を幸せに生きれば、きっと全ての子どもが未来に希望を持てる。そのチャレンジの場を作りたい」と語る。

 幼い頃は鍵っ子で、本を読んでいると寂しさが紛れた。小学校の卒業文集に「童話作家になる」とつづったの…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです