特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会をライブ配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

下関国際が甲子園練習 感触確かめ、初戦へ気合 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
グラウンドに駆け出す下関国際の選手たち 拡大
グラウンドに駆け出す下関国際の選手たち

 <センバツ高校野球>

 23日開幕の第90回記念選抜高校野球大会に出場する下関国際は19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で練習した。雨が降る中、持ち時間30分を守備、打撃、投球の各練習に効率よく使い、甲子園の土を踏みしめた。

 「元気出して行くぞ!」。浜松晴天(そら)主将(2年)の力強い掛け声と共に選手たちが一斉にグラウンドに駆け出した。それぞれ10分間でノックと、野手を置いた実戦的な打撃練習に取り組んだ。最後に投手陣がマウンドの感触を確かめた。

 普段通りの練習ができたという浜松主将は「みんな良いパフォーマンスができていた。まずは初戦を突破し、目指すは全国制覇」と力を込めた。

 坂原秀尚監督は「悪天候でも30分間練習できたことに意味がある。初戦までに実戦練習で経験を積んでおきたい」と語った。【森田采花】

〔山口版〕

関連記事

あわせて読みたい