メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 塾長のつぶやき 「やりとり」いい医療に /福岡

 昨年の夏、久しぶりに家族と横浜の元町をぶらぶらして来ました。その時の思い出話をさせて下さい。

 初めて元町で遊んだのは、昭和40年代の後半でした。札幌で冬のオリンピックが開催された頃のことです。広島の高校を出て北大に入り間もなく中退して、札幌の放送局で構成台本を書いたり番組の司会をしたりしていました。医学部に入り直したのはその5、6年後のことです。

 身長が185センチありましたから、ゆとりを持って着られるおしゃれな既製服はそう簡単には見つかりませんでした。そんな時代に、アメリカやヨーロッパからの直輸入品が並べられ、外国人でにぎわう横浜の元町は憧れの街でした。いろんなサイズの、最先端のデザインの既製服が手に入るのは、この街の大きな魅力でした。ただ、当時の僕たちにとって商品が決して安くはなく「高嶺の花」だったんですね。そこで狙い目は年2回、2月…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです