特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

春の舞台へ

第90回選抜高校野球 選手の横顔/6 /宮崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <センバツ高校野球>

 ◆富島

強気のピッチング 黒木拓馬投手=1年、延岡市立南中 174センチ、65キロ

 1年生ながら強気のピッチングを見せる。昨秋の九州地区大会県予選でも登板し、相手打線を抑えた。立ち上がりは調子が出ないがワンアウトをとればリズム良く投げる。冬は下半身の強化に励み、投球の質をさらに磨いた。

 センバツでは登板の機会があれば自分の力を最大限に生かして、球場の雰囲気に飲み込まれないピッチングをすることが目標だ。

 好きな言葉は「ありがとう」。将来も野球関係の仕事を目指す。

後悔ないプレーを 甲斐康平捕手=2年、東海中 165センチ、65キロ

 堅実な守備が魅力だ。チームではタイプの異なる投手陣の特徴を分析してリードをする。打撃でもロングティーで体の使い方や体重移動を意識して改善した。冬期はバッティング強化のため素振りに取り組んできた。守備は捕球の正確さを上げるためにノックに力を入れた。

 甲子園では全てを全力でやり、後悔のないプレーをしたい。チームを勝利に導くような選手になりたい。

 好きな言葉は「限界突破」。

 ◆延岡学園

制球力身につけた 萱野心希投手=2年、東海中 177センチ、77キロ

 上野元基投手との2本柱。ほぼ毎日、遅くまで自主練習に取り組む。けがに悩まされた時期もあったがその分多くの仲間の自主練習に付き合い、チームのムードメーカーに。

 緩急をつけたピッチングで打者のタイミングをずらす。三浦正行監督に相談しながら、自らの投球を試行錯誤し、制球力も身につけてきた。

 甲子園では冬の練習の成果を思う存分に発揮したいと闘志を燃やす。音楽鑑賞や散歩で気分転換をしている。

投球スタイル変更 松山竜一郎投手=2年、延岡市立南中 178センチ、73キロ

 投球スタイルを下投げに変更し、その力を伸ばす。ピッチャーとしての初動が良い。三浦正行監督は「速球ではないが打たれないピッチングができている」と注目。他の投手陣からも「流れを変えてくれる」と信頼される。センバツでは自分ができることを全力で取り組み、チームで一つになると意気込む。

 けがに苦しんだ時期もあったが、センバツまでには必ず治すと治療に専念した。好きな言葉は「知好楽」。趣味は音楽鑑賞。

関連記事

あわせて読みたい