メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 文書改ざん 参院予算委集中審議 首相、そんたく有無答えず 理財局長「昭恵氏ゆえ記載」

参院予算委員会の質問が終わり、会話する安倍晋三首相(左)と麻生太郎財務相=国会内で19日午後5時17分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は19日の参院予算委員会集中審議で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題を巡り、自身へのそんたくが影響したかどうかについて「書き換えた本人に聞かないと分からない」と明言を避けた。自身や妻昭恵氏の改ざんへの関与はないと強調した。一方、財務省の太田充理財局長は、文書の昭恵氏に関する記述が「首相夫人ということで(載った)と思う」と述べ、そんたくが働いた可能性を否定しなかった。

 首相は改ざん問題を改めて陳謝した上で、「財務省理財局内や(近畿)財務局内の決裁文書の存在すら知らなかった」と自らの指示を否定。国有地売却に関与していた場合は議員辞職する、とした昨年2月の首相答弁も改ざんには影響していないと強調した。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです