メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外即位祝賀パレードの延期検討 政府、台風配慮
変革

第6部 伊藤忠商事/11 説得重ね「朝型」浸透

プロ棋士の羽生善治(左)を講師に招いて開いた「朝活セミナー」=2月23日、小川祐希撮影

 2月23日午前7時半、伊藤忠商事本社(東京都港区)10階大会議室は約550人の社員で埋め尽くされていた。壇上には将棋で初の永世7冠を達成した羽生善治(47)。「AI(人工知能)を使えば棋士のレベルは上がるが、皆が同じ指し手をしていると存在意義がなくなる。いかに個性を確立できるかが問われている」。ヒトとAIの共存について語る羽生の言葉に、社員らはメモを取るなど熱心に聴き入っていた。

 伊藤忠社員の朝は早い。午前6時半から地下1階の社員食堂で無料で配られるおにぎりやサンドイッチを手に…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです