連載

背信・森友文書

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんの真相に迫ります。

連載一覧

背信・森友文書

参院予算委集中審議 首相、答弁四苦八苦 野党「そんたく」猛攻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で「誰の指示で行われたか?」と書かれた質問資料を見る安倍晋三首相=国会内で19日、川田雅浩撮影
参院予算委員会で「誰の指示で行われたか?」と書かれた質問資料を見る安倍晋三首相=国会内で19日、川田雅浩撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題で、安倍晋三首相は19日の参院予算委員会集中審議で自らの関与を改めて否定した。だが改ざんが誰の指示で、なぜ行われたかはこの日も解明されなかった。野党は改ざん当時の財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官のほか、首相の妻昭恵氏らの証人喚問が必要だとさらに攻勢を強めている。

 野党が国会審議に復帰した後、初めて首相と本格質疑を行った集中審議。野党側は、(1)文書改ざんが行われた理由(2)国有地が大幅値引きされた理由--に、それぞれ「そんたく」があったのではないかと疑って追及した。

この記事は有料記事です。

残り1820文字(全文2090文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集