メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

たっぷり春野菜 苦みと香りがアクセント

 <くらしナビ ライフスタイル>

 春がやって来た。体の不調を覚えやすいこの時期、旬の野菜から元気をもらいたい。春野菜がおいしく食べられるレシピを、料理研究家の河合真理さんに教えてもらった。

 「春野菜の魅力は、独特の苦みと香り」と話す河合さんがまず勧めるのは、生でたっぷり味わえる「千切りサラダ」だ。「スライサーも使いながら、野菜をまるごと千切りにして。ドレッシングはアクセントがあったほうがおいしい」。今回はカラシを利かせたが、シンプルなドレッシングなら黒コショウを多めにひいてもいい。

 ウドは穂先がおいしいので、捨てずにさっとゆでて、仕上げにあしらう。食べる時に全体をよくあえて、シャキシャキの食感ごと味わいたい。

この記事は有料記事です。

残り1717文字(全文2025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  4. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  5. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです