メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱 「移行期間」20年末まで 激変緩和措置合意

 【ブリュッセル八田浩輔】英国と欧州連合(EU)は19日、英国が2019年3月末にEUを離脱した後の激変緩和措置である「移行期間」の導入で合意した。20年末までの1年9カ月、英国はEUのルールに従うことを条件に単一市場と関税同盟にとどまる。EUのバルニエ首席交渉官は、英国のデービスEU離脱担当相と共同で記者会見し、「決定的な一歩だ」と述べた。

 移行期間の協議は今年始まり、離脱日まで約1年と迫る中、双方は不透明な先行きに対する経済界の懸念を払…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです