特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊手術、300人判明 氏名など保健所に 北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道は19日、旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を受けた300人分の記録を確認したと発表した。そのほとんどが強制手術だったと見られる。北海道で氏名の残る手術記録が見つかったのは初めて。【田所柳子】

 手術記録が確認されたのは、旭川、名寄、岩見沢、北見の旧4保健所管内分。保健所の倉庫にあった被手術者名簿や医療機関から道への手術費請求書を調べ、59~88年度の1年当たり1~55人計300人分の氏名…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集