メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

米輸入制限に危機感 反保護主義で一致

 【ブエノスアイレス清水憲司】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は19日の討議で、トランプ米政権による鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限をめぐり、多数の参加国が「保護主義など内向き政策への懸念」を表明した。米国以外の各国は「反保護主義」でほぼ一致したが、米国が輸入制限発動を撤回する兆しはなく、対立解消のメドは立っていない。

 木原稔副財務相は19日の討議後、記者団に「保護主義的な内向き政策は世界経済全体の縮小につながり、国…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文761文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです