メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全人代閉会

習氏「憲法を忠実に履行」 党高政低印象づけ

全国人民代表大会の閉会式に臨む中国の習近平国家主席(左)と李克強首相=北京で20日、ロイター

 【北京・河津啓介、赤間清広】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)は20日、北京の人民大会堂で、今年の経済成長率の目標を前年と同じ「6.5%前後」とした政府活動報告案などを採択し、閉会した。閉会に先立ち、2期目を迎えた習近平国家主席が演説し、「共産党は国家を指導する最高の力だ」と述べた。

 習氏は主席への再選について「憲法が付与した職責を忠実に履行し、人民のために奉仕する」と決意表明。「党政軍民学、党が一切を指導する」と強調して「党高政低」の流れを強く印象づけた。

 さらに昨年10月の第19回共産党大会で自ら掲げた、今世紀半ばまでに「社会主義現代化強国」を実現する…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです