JR東日本

「四季島」冬コース今季最後の運転

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鳴子の雪山を背に走る「四季島」=宮城県大崎市のJR陸羽東線川渡温泉-池月駅間で2018年3月19日、山田研撮影
鳴子の雪山を背に走る「四季島」=宮城県大崎市のJR陸羽東線川渡温泉-池月駅間で2018年3月19日、山田研撮影

 JR東日本の豪華寝台列車「四季島」が東北を2泊3日の日程で巡る「冬コース」の今季最後の運転があり、19日は陸羽東線などを走った。

 冬コースでの運行は昨年12月から計16回あった。宮城県大崎市全域の住民延べ800人が当番制で、四季島が停車する同線鳴子温泉駅や沿線で乗客の出迎えや見送りを実施。また、車…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文289文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集