玄海原発

再稼働差し止め認めず 地裁、仮処分申請を却下

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
玄海原発の3号機(右)と4号機=佐賀県玄海町で2018年3月13日、本社ヘリから田鍋公也撮影
玄海原発の3号機(右)と4号機=佐賀県玄海町で2018年3月13日、本社ヘリから田鍋公也撮影

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働を巡り、佐賀地裁(立川毅裁判長)は20日、運転差し止めを求めた市民団体の仮処分申し立てを却下した。申し立てでは阿蘇カルデラ(阿蘇山、熊本県)の噴火リスクが最大の争点となったが、立川裁判長は「破局的噴火が発生する可能性が高いとはいえず、生命、身体に重大な被害が生じる具体的な危険は認められない」と判断した。九電は計画通り23日に3号機を、5月に4号機を再稼働させる見込み。

 仮処分は、市民団体「原発なくそう! 九州玄海訴訟」のメンバーで、九州・山口5県の73人が昨年1月に申し立てた。市民団体側は福岡高裁に即時抗告する方針。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文722文字)

あわせて読みたい

ニュース特集