メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中標津空港

着陸機のタイヤがパンク けが人なし 北海道

着陸後にタイヤがパンクし、滑走路をけん引される全日空機。主脚右側のタイヤが2本つぶれている=北海道中標津町の中標津空港で2018年3月20日午前9時4分、同町の佐々木優さん撮影

 20日午前8時50分ごろ、北海道中標津町の中標津空港で、新千歳発中標津行き全日空4881便ボンバルディアDHC8型が着陸した際、右後輪のタイヤが2本ともパンクし、動けなくなった。中標津空港管理事務所によると、乗客35人と乗員4人の計39人にけがはなかった。

 この事故で同機は滑走路から動けなくなり、…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. ヤフーとラインが「経営統合の検討」発表

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです