森友文書改ざん

理財局長「夫人ゆえに昭恵氏名前載った」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会の質問が終わり、会話する安倍晋三首相(左)と麻生太郎財務相=国会内で2018年3月19日午後5時17分、川田雅浩撮影
参院予算委員会の質問が終わり、会話する安倍晋三首相(左)と麻生太郎財務相=国会内で2018年3月19日午後5時17分、川田雅浩撮影

参院予算委・集中審議 安倍首相、そんたく有無答えず

 安倍晋三首相は19日の参院予算委員会集中審議で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題を巡り、自身へのそんたくが影響したかどうかについて「書き換えた本人に聞かないと分からない」と明言を避けた。自身や妻昭恵氏の改ざんへの関与はないと強調した。一方、財務省の太田充理財局長は、文書の昭恵氏に関する記述が「首相夫人ということで(載った)と思う」と述べ、そんたくが働いた可能性を否定しなかった。

 首相は改ざん問題を改めて陳謝した上で、「財務省理財局内や(近畿)財務局内の決裁文書の存在すら知らなかった」と自らの指示を否定。国有地売却に関与していた場合は議員辞職する、とした昨年2月の首相答弁も改ざんには影響していないと強調した。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文870文字)

あわせて読みたい

注目の特集