メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

議事録など「黒塗り」文書を再開示 三重県

三重県が黒塗り部分を見直して改めて開示した公文書。議事録での発言などが明らかになった

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術に関する毎日新聞の情報公開請求に対し、三重県は19日、公文書の多くの項目を黒塗りにした対応を見直し、一部を明らかにして改めて開示した。手術の適否を決める審査会の議事録には、患者が出産した場合に本人や子供らの「不幸は必然である」などと委員が発言し、手術を決めた過程が記されていた。

 審査会の議事録など現存する91件740枚の公文書について、毎日新聞が今月9日付で報じた前回の公開時…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです