メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

議事録など「黒塗り」文書を再開示 三重県

三重県が黒塗り部分を見直して改めて開示した公文書。議事録での発言などが明らかになった

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術に関する毎日新聞の情報公開請求に対し、三重県は19日、公文書の多くの項目を黒塗りにした対応を見直し、一部を明らかにして改めて開示した。手術の適否を決める審査会の議事録には、患者が出産した場合に本人や子供らの「不幸は必然である」などと委員が発言し、手術を決めた過程が記されていた。

 審査会の議事録など現存する91件740枚の公文書について、毎日新聞が今月9日付で報じた前回の公開時…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです