メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

北海道が300人分の記録を確認

 北海道は19日、旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を受けた300人分の記録を確認したと発表した。そのほとんどが強制手術だったと見られる。北海道で氏名の残る手術記録が見つかったのは初めて。今後の集団訴訟や、国が救済措置を講じる場合に有力な資料になる。

 手術記録が確認されたのは、旭川、名寄、岩見沢、北見の旧4保健所管内分。保健所の倉庫にあった被手術者名簿や医療機関から道への手術費請求書を調べ、59~88年度の1年当たり1~…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです