メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

「不妊治療で離職」16% 初の調査

 不妊治療と仕事の両立に関し、厚生労働省が働く男女に実施した初の調査で、両立を諦めて離職した人が治療経験者の16%に上ることが分かった。逆に治療をやめた人は11%で、雇用形態を変えた人は8%だった。両立の難しさとして、精神面・体力面の負担の重さや、通院回数の多さを挙げる人が目立った。

 企業を対象にした調査では、67%の会社が不妊治療中の従業員を把握していなかった。厚労省は「職場で知られたくないという人が多く、潜在化しているのでは…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです