メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

大坂、準グランドスラム初V! 世界のなおみ「史上最悪のスピーチ」で魅了(スポニチ)

テニス BNPパリバ・オープン 大坂2-0カサキナ(2018年3月18日 米カリフォルニア州インディアンウェルズ)

 女子テニスの大坂なおみ(20=日清食品)がついに才能を開花させた。決勝で第20シードのダリア・カサキナ(20=ロシア)を6-3、6-2で破り、4大大会に次ぐ規模のビッグトーナメントで初優勝を飾った。ハイチ出身の父と日本人の母を持つ20歳。時速200キロ超のサーブなど持ち前のパワーに安定感を身につけ、ツアー優勝は日本女子11人目。日本人初となる4大大会制覇、20年東京五輪での金メダル獲得への期待も膨らんだ。

 初めての優勝スピーチには初々しさと伸びしろがギュッと詰まっていた。大坂はまず最初に述べるべき対戦相手への称賛を失念して話の途中で後戻り。その後も言葉遣い、内容ともとっちらかったままでプレー以上に右往左往。「史上最悪の優勝スピーチかもしれない」と苦笑いすると場内は爆笑に包まれた。普通の試合の普通のインタビューなら映える大坂のカジュアルさも表彰式というオフィシャルな場には少し不釣り合いに映った。しかしそこに目くじらを立てるのはやぼな話。伸び盛りの20歳。コート上でのプレーに文句を挟み込む余地はなかったからだ。

 約1万8000人の観衆の前で「最初はパニクっていた」というが「落ち着いているように見せようと思っていた」と緊張感に打ち勝った。出だしこそ力んだショットが目立ったものの、第1セット第7ゲームでブレークポイントのピンチをしのぐと直後の第8ゲームをブレーク。このセットを先取して、第2セットも第1ゲームをブレークすると完全に主導権を握った。

 女子最速レベルの時速200キロ超のサーブを放つパワーに加え、安定したバックハンド、強力なフォアハンドでラリーでもカサキナを追い込んだ。今季からタッグを組むサーシャ・バイン・コーチと追い求めてきたのが安定感。セリーナ・ウィリアムズ(36=米国)らトップ選手の練習パートナーを務めてきたバイン氏は「(16強入りした)全豪オープンからさらに成長し、粘り強く安定したプレーができるようになった」と目を細めた。

 潜在能力を高く評価され続けてきた大器にとって、ついに迎えた覚醒の瞬間。大坂自身はその理由を「ずばり集中力だと思う。どの試合でもより集中することに目標を置いている」と明かした。優勝までの試合数は4大大会と同じ7試合で、出場選手もほぼ同じ。元世界ランキング1位のシャラポワ(ロシア)や現世界1位のハレプ(ルーマニア)らをなぎ倒しての初戴冠に、さらなる快挙を期待しない方が難しい。

 世界ランクは自己最高の22位に上がり、次戦のマイアミ・オープン(20日開幕)では1回戦でセリーナ・ウィリアムズと対戦する。元世界1位というだけでなく、大坂にとってテニスを始めた時からの最高のアイドル。かなえた夢の先に、また新しい夢がやってくる。4大大会制覇、そして女王への道を極める。大坂のキャリアはここから新章を迎える。

 ▼WTA(女子テニス協会) 73年に設立された女子プロの選手団体。国際テニス連盟(ITF)管轄の4大大会を頂点として、09年からはプレミア・マンダトリー、プレミア5、プレミア700、インターナショナルの大会カテゴリーに。下部大会としてWTA125KとITFサーキットがある。今大会はプレミア・マンダトリーで、日本勢での優勝は大坂が初。優勝賞金は134万860ドル(約1億4200万円)と高く、ランキングポイントも優勝者は1000点で4大大会4強よりも高い。

 ◆大坂 なおみ(おおさか・なおみ)1997年(平9)10月16日生まれ、大阪市出身の20歳。3歳で米ニューヨークに渡り、ハイチ出身の姉・まりとともに父レオナルド・フランソワさんの指導でテニスを始める。現在はフロリダを拠点とする。13年に15歳でプロ転向。16年に日本人初のWTA最優秀新人賞を受賞した。今年の全豪オープンでは4大大会自己最高となる16強。1メートル80。(スポニチ)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです