メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染ほだ木、試験焼却 角田で開始 反対派が抗議 /宮城

クレーンを操作して家庭ごみとほだ木を混ぜ合わせる仙南クリーンセンターの職員=角田市の同センターで

 東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の農林業系汚染廃棄物の試験焼却が20日、角田市の仙南クリーンセンターで始まった。原発事故から7年を経て本格処分に向けた一歩を踏み出したが、反対派の住民団体は「住民との話し合いが不十分」などと抗議した。

 9市町でつくる仙南地域広域行政事務組合(理事長、滝口茂柴田町長)が計6回の試験焼却を予定。今回は白石市で保管されている1キロ当たり100ベクレル以下のほだ木を、4月には角田市の…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 自民・杉田議員 「生産性がない」寄稿 先輩議員が擁護と投稿 LGBT支援団体は抗議 
  5. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]