メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

支援に感謝「復興の桜」植樹 塩釜市、派遣職員受け入れ終了で /宮城

「復興の桜」(後方)を植樹する塩釜市に派遣された職員ら=塩釜市で

 塩釜市は今年度、東日本大震災の復興・復旧活動を支援するために全国から派遣された職員の受け入れを終了する。これまでの支援に感謝の気持ちを込め、市は20日、JR本塩釜駅前広場に「復興の桜」を植樹した。派遣中の職員約30人も参加した植樹式で、佐藤昭市長は「温かい支援を忘れないため、桜を末永く大切に育て、復興の足跡として確認していきたい」と話した。

 この日、植樹された桜は、京都市の著名な桜守の第16代・佐野藤右衛門さんが育てた「祇園しだれ桜」。被…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです