メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

サハリンの日本人と交流 武蔵野の後藤さん、現地の日常100点展示 新宿 /東京

サハリン南部に暮らす渡辺ハツエさんの写真の前に立つ後藤悠樹さん=新宿区で

 ロシア極東の島サハリンに12年間通い、現地の日本人やその家族らと交流を続ける武蔵野市の後藤悠樹(はるき)さん(32)の写真展「サハリンを忘れない」が25日まで新宿区矢来町で開かれている。サハリン南部は1945年まで日本領だった南樺太(からふと)で、今も日本や朝鮮半島の出身者が住んでいる。後藤さんは「『かわいそうな人たち』と言うのは簡単だが、彼らの強さや優しさを表現したい」と話す。【青島顕】

 専門学校で写真を学んだ後藤さんは2005年、サハリンの残留日本人女性たちを描いた故・吉武輝子さんの…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文824文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです