特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 甲子園 室内練習場で調整 打撃に重点、次々に快音 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
室内練習場で練習する東邦の選手たち=阪神甲子園球場で、平川義之撮影 拡大
室内練習場で練習する東邦の選手たち=阪神甲子園球場で、平川義之撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

 23日開幕の第90回記念選抜高校野球大会に出場する東邦は20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で練習した。前日からの雨の影響で室内練習場での調整が主体となったが、選手たちは打撃練習などできびきびした動きを見せていた。

 練習は午後4時から45分間行われ、ランニングやストレッチで体をほぐした後、打撃練習に重点を置き、選手たちは次々に快音を響かせた。また、扇谷莉(おおぎやらい)、西有喜両投手(ともに2年)は捕手を立たせたまま約30球、軽めの投球練習を行った。

 練習後、稲留克哉主将(2年)は「室内でできることが限られている中で自分たちのコンディションを確認できた」と手応えを口にした。新チームから4番を務めてきた石川昂弥選手(1年)は「外で打ちたかったが、室内でもしっかり振れたと思う。左投手を想定して、右方向に低い打球を打つことを意識した」と話した。【木原真希】

関連記事

あわせて読みたい