知事選2018

あす告示 非共産VS共産の様相 2陣営が準備 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う知事選が22日、告示される。これまでに立候補を表明しているのは共に無所属新人で、自民、立憲、希望、公明、民進が推薦する前復興事務次官の西脇隆俊氏(62)と、共産が推薦する弁護士の福山和人氏(57)。「非共産VS共産」の一騎打ちとなる見込みだ。20日は、府選管で立候補受け付けのリハーサルがあり、両陣営も選挙戦の準備に追われた。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集