メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事選2018

あす告示 非共産VS共産の様相 2陣営が準備 /京都

 任期満了に伴う知事選が22日、告示される。これまでに立候補を表明しているのは共に無所属新人で、自民、立憲、希望、公明、民進が推薦する前復興事務次官の西脇隆俊氏(62)と、共産が推薦する弁護士の福山和人氏(57)。「非共産VS共産」の一騎打ちとなる見込みだ。20日は、府選管で立候補受け付けのリハーサルがあり、両陣営も選挙戦の準備に追われた。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 広島原爆アーカイブ 被爆3日後の少女「73年前の母だ」 毎日新聞記者撮影、長男が名乗り

  5. 岐阜信用金庫理事、ひき逃げ容疑で逮捕 帰宅の途中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです