特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

強者に勝て

’18センバツ下関国際 第3部・選手紹介/7 佐本快内野手/杉田大和外野手 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

向上心旺盛な成長株 佐本快内野手(1年)=北九州市立田原中

佐本快内野手 拡大
佐本快内野手

 昨秋レギュラーをつかんだ向上心旺盛な成長株だ。下関国際に入った中学時代の先輩から「野球だけでなく、人間的にも成長できる」と聞き、進路に選んだ。

 ベンチ入りした昨夏の甲子園後に遊撃から一塁へ転向した。味方からの送球は「絶対にエラーしてはいけない」と常に自らに言い聞かせ、先輩に付き合ってもらい、ショートバウンドの球を何百回と拾った。身に着けた捕球技術はチームで一、二を争う。

 秋は、中国地区大会の県予選2回戦から全試合に先発出場を果たし、9番ながらチーム最多の11打点を挙げた。「力のある中軸がチャンスで回してくれた」とほほ笑む。

 寮では嶋大将(だいすけ)コーチと同部屋で過ごす。生活面でも支えてくれるコーチ陣に対し「甲子園で勝つことで恩返ししていきたい」と語った。

守備・代走の役割果たす 杉田大和(ひろかず)外野手(2年)=山陽小野田市立竜王中

杉田大和外野手 拡大
杉田大和外野手

 冬恒例の800メートル走を10本繰り返す走り込みで、常に先頭を争った。全国制覇を目指すチームの中で「埋もれるのではなく、生き残りたい」と、必死に食らい付いていく。

 中学時代は下関市内の硬式野球チームに所属した。3年前の夏、県大会で準優勝した下関国際の一員として戦った先輩に憧れ、門をたたいた。

 打撃力や思い切りの良さなどそれぞれ特徴を持つ仲間に囲まれ、自分の武器を探してきた。激しい競争の中で「チームに対してどう役に立てるか」を考える。初のセンバツは守備・代走要員として登録され「日本一を目指し、自分ができることを精いっぱいやりたい」と意気込む。

 厳しい練習をこなして試合に臨むには「体が一番だ」と感じる。趣味の料理を生かし、将来は「アスリートを食事で支える仕事がしたい」と笑う。

〔山口版〕

関連記事

あわせて読みたい