メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートを歩く

「うつろい」造形的に表現=高知美術研究会・北泰子 /高知

 高知市在住の平田慎一さんが高知市文化プラザかるぽーと市民ギャラリーで「平田慎一退職記念展」を開催する。41年間美術教師として勤務してきた高知学芸中学高等学校の退職を記念し、1979年から2017年までの代表作55点を展示する。今月27日から4月1日まで。また、第2展示会場として、高知市廿代町のウォルトンバー1階ギャラリー(午後6時~午前0時)で、既に小品を中心とした作品19点を展示中。4月8日まで。

 教員生活を続けながら、絵を描き続けてきた軌跡を若い世代の人たちに見てもらいたいと、5年前から展覧会…

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです