メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災BOX

引っ越しを機会に 地震に備えた家具配置や対策を /福岡

 進学・就職、異動による引っ越しシーズン。室内の家具の配置を決める時には、地震に備えた安全対策も同時に進めたい。福岡市民防災センターの消防士長、深堀渉さん(32)にポイントを聞いた。

 まず、寝室には倒れそうな家具や、キャスター付きで動きやすい物を置かない。早朝に起きた阪神大震災(1995年)では、犠牲者の死因の8割が住宅の倒壊や家具による圧死だった。もし寝室に置かざるを得ない時でも、ベッドや布団の上に倒れにくい向きで配置する。

 家具の固定は、L字型金具を使って家具と壁をねじで止める方法が最も強力だ。賃貸マンションなどで穴を開…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです