石木ダム訴訟

結審 7月9日判決 地権者から非難の声 長崎地裁 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダム事業で、反対地権者ら109人が国を相手取って事業認定の取り消しを求めた訴訟の口頭弁論が20日、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)であり、双方が最終準備書面を提出して結審した。判決は7月9日。

 地権者側は準備書面で「治水、利水面共にダムが必要ないことは明らかで、水没予定…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

ニュース特集