県議会

閉会 JR減便、国への意見書可決 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR九州が17日からのダイヤ改定で運行本数を削減した問題で、県議会は20日の2月定例会最終本会議で、国がJR九州を指導するよう求める意見書を全会一致で可決した。

 意見書では旧国鉄から分割民営化された際にJR九州には不採算路線などの営業損失を補うために3877億円の経営安定基金が設置されたことを指摘…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

あわせて読みたい

注目の特集