メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 文書改ざん 佐川氏、退職金5000万円

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題を巡り、財務省は20日、辞任した佐川宣寿前国税庁長官の退職金が約4999万円に上ることを明らかにした。財務省は佐川氏に対し「減給20%3カ月」の懲戒処分を下しており、処分相当額66万円を差し引く。現時点では、支給していないという。

 同日の参院財政金融委員会で、民進党議員…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです