連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

「私の物語」の磁力=中村秀明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 出版業界に事件が起きている。63歳の新人作家・若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」をめぐる異変である。

 芥川賞受賞から1カ月足らずで発行50万部を超えた。過去10年の芥川賞作品で、これを上回ったのは又吉直樹さんの「火花」と村田沙耶香さんの「コンビニ人間」くらいだという。

 書籍取次の日販のデータによると、読者の7割強が女性、年齢別では60歳以上が8割超だ。若竹さんも受賞会見で「おばあさんの哲学を書きたかった」と語っている。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文969文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集