森友学園

国有地売却問題 文書改ざん 佐川氏喚問 与党、官邸を押し切る 変わる「政高党低」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学校法人「森友学園」を巡る文書改ざん問題での佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問は、慎重な首相官邸側を、世論の反発を懸念する与党側が押し切る形になった。長期政権下で続いていた官邸主導の「政高党低」から変化も見える。【村尾哲、水脇友輔】

 安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表は20日、首相官邸で会談し、信頼回復に努めることで一致した。山口氏は佐川氏の証人喚問について「与党として衆参で協議して決める」と伝え、首相も了承した。

 与党には対応が後手に回り、内閣支持率の急落を招いた官邸への不満がある。官邸は「佐川氏を呼べば、野党は首相の妻昭恵氏の招致も求める」と国会招致自体に消極的だった。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文763文字)

あわせて読みたい

注目の特集