メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

羽生宏人さん=小型衛星を載せた「電柱サイズ」ロケットの開発責任者

羽生宏人(はぶ・ひろと)さん(48)

 「このままで終わらせたくない」という気持ちが勝った。

 2015年から2年をかけ、人工衛星を載せることができる電柱ほどの大きさのロケット「SS520」4号機を開発した。17年1月、満を持して打ち上げたものの、わずか20秒飛んだだけで失敗。管制室の空気は凍り付き、壁かけ時計が秒を刻む音だけが響いた。原因がわからないまま臨んだ記者会見では、失敗した事実だけが3行ほど書かれた紙を手に、何も答えられなかった。

 科学観測に使われていた「SS520」を改良し、人工衛星を飛ばす。研究者の間では語られていたが、誰も…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです