メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱炭素社会

2040年ごろまでに 環境省が「考え方」

 環境省は、地球温暖化の原因とされる温室効果ガス排出の「長期大幅削減に向けた基本的考え方」を公表した。2020年以降の国際枠組み「パリ協定」に基づく50年までの排出削減計画「長期戦略」の策定に向け、遅くとも40年ごろまでに脱炭素社会の実現を目指す。また炭素税や排出量取引などカーボンプライシング(炭素の価格付け)の導入や日本の脱炭素技術の海外輸出など、国内外で排出削減に貢献するよう促している。

 長期戦略を巡っては、16年に日本で開催した主要7カ国(G7)首脳会議で、パリ協定の実施期間が始まる…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです