メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

脱炭素社会

2040年ごろまでに 環境省が「考え方」

 環境省は、地球温暖化の原因とされる温室効果ガス排出の「長期大幅削減に向けた基本的考え方」を公表した。2020年以降の国際枠組み「パリ協定」に基づく50年までの排出削減計画「長期戦略」の策定に向け、遅くとも40年ごろまでに脱炭素社会の実現を目指す。また炭素税や排出量取引などカーボンプライシング(炭素の価格付け)の導入や日本の脱炭素技術の海外輸出など、国内外で排出削減に貢献するよう促している。

 長期戦略を巡っては、16年に日本で開催した主要7カ国(G7)首脳会議で、パリ協定の実施期間が始まる…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです