メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックウオッチング

『屍人荘の殺人』 今村昌弘さん

「貯金が底をつき始めていたので間に合って良かったです」と笑う今村昌弘さん=八木正撮影

 (東京創元社・1836円)

間に合った小説家デビュー

 昨年、鮎川哲也賞を「屍人荘の殺人」で受賞した今村昌弘さん。主人公は神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲。映画研究部の夏合宿に参加した夜、想像を絶する事態が起こり……。昨年10月に発売され、現在23万部のヒット。今村さんにデビューまでの道のりを聞いた。【井上志津】

 小説を書き始めたのは大学4年の時。国家試験の勉強の最中、「勉強がいやになって」始めたという。「以前…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1118文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです