メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術、和歌山は143人 県が資料開示

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われていた問題で、和歌山県では143人が不妊手術を受けたとみられることが、毎日新聞が県から開示を受けた資料で分かった。旧厚生省などの統計によると、同県では103人が強制手術を受けたとされるが、実際には大幅に上回る数の人が手術を受け…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです