メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAXA・中央大

ロケット燃料作り快腸 「ぜん動運動」応用

大腸のぜん動運動をまねて固体燃料を作る装置。黒い部分がゴムでできた人工筋肉で、空気を送り込むと収縮する

 人の消化管の「ぜん動運動」を応用してロケットなどに使われるゴム状の固体燃料を効率よく作る技術を、中央大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究チームが開発した。大腸を模した装置のゴム部分が伸びたり縮んだりして燃料を混ぜ合わせるもので、この方法で作った燃料でロケットのエンジンの燃焼実験に成功したという。

 固体燃料は従来、原料を窯に入れて機械で混ぜ合わせた後に取り出し、別の容器に入れてロケットなどに装填…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文524文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです