メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

国は調査と補償を 意見書、道議会が全会一致で可決

 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた強制不妊手術について、北海道議会は20日、国に実態調査や当事者への補償を求める意見書を全会一致で可決した。

 意見書は「(当時は)合法的措置とはいえ、権利擁護の考え方や今日の価値観と照らしてみても相いれない」と指摘。「早急な補償等の対応を講ずる必要がある」…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです