メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラゴンボール

劇場版「超」が世界公開へ

劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超』(仮)」が世界各国で公開を予定していることが発表されたイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」の「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」の様子

 鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「映画『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮)」(12月14日公開)が、世界各国で公開予定であることが分かった。米サンフランシスコで開催中のイベント「ゲーム デペロッパーズ カンファレンス」で20日(現地時間)、バンダイナムコエンターテインメントが実施した「BANDAI NAMCO Entertainment Lineup Presentation 2018」で発表された。

 新作劇場版は、2015年4月公開の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」以来、約3年ぶりの新作で、原作者の鳥山さんが脚本とキャラクターデザインも手がける。「ONE PIECE FILM Z」などの長峯達也さんが監督を務め、「ONE PIECE」などに参加してきた新谷直大さんが初めて作画監督を担当する。

 現在放送中で今月、最終回を迎えるテレビアニメ「ドラゴンボール超」に続くエピソードとなり、鳥山さんは「宇宙の存続を賭けた力の大会がクライマックスを迎え、一息ついた後のエピソードで、これまでちゃんと描いてこなかったサイヤ人とフリーザのことが少し分かるような内容で、とっておきの強敵を迎え、とても楽しめるような話になっていると思います!」と説明している。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]