メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川越少年刑務所

人生やり直しできる 「話し方講座」実施

「話し方講座」で受刑者とやり取りをする川目さん(右)らボランティアたち。講座では時には笑いも起こる=埼玉県川越市の川越少年刑務所で2018年2月19日、山寺香撮影

 川越少年刑務所(埼玉県川越市)で、スピーチ技術の向上を目指して活動しているさいたま市の団体の有志らが、仮出所を控えた受刑者に「話し方講座」を実施している。出所後の就職活動での面接に向けた訓練だが、有志らは「人生やり直しができる。社会は見放していないと伝えたい」との思いも込める。【山寺香】

 同刑務所は約850人の受刑者を収容している。少年刑務所という名称だが25歳以下の成人男性が大半を占める。ほとんどが初犯で、刑が比較的軽い懲役10年未満という。

 同刑務所で2月中旬にあった講座では、さいたま市のスピーチクラブ「浦和トーストマスターズクラブ」メン…

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです