メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

沼津市長の大沼明穂氏が急死 58歳

大沼明穂市長=静岡県沼津市役所で2018年2月1日、石川宏撮影

 静岡県沼津市の大沼明穂市長が21日急死した。58歳だった。同市によると、同日午前8時50分ごろ、公務出席のため市内の自宅に迎えに行った市職員が、寝室で倒れていた大沼市長を発見。救急搬送先の同市立病院で死亡が確認された。死因は小脳出血。同5時半に市が送った連絡メールは既読になっており、その後倒れたらしい。

 大沼市長はITベンチャー企業社長だった2016年10月、3選を目指した現職を破り初当選し1期目。17年1月、小脳出血と診断され約半月間入院したが、その後は公務に復帰していた。

 葬儀は未定。【石川宏】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
  3. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  4. クローズアップ2018 毎日新聞世論調査 内閣支持率、続落30% 「危険水域」寸前 麻生氏処遇、難局に
  5. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]