特集

平野歩夢(スケートボード)|東京オリンピック

二刀流挑戦からわずか3年足らずで、史上5人目となる夏冬での五輪出場。高さのあるエア(空中技)で魅了

特集一覧

スノーボード

平野選手、銀の笑顔 口コミで200人歓声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平野歩夢選手(手前)を一目見ようと、県庁に多くの人が詰めかけた=新潟県庁で2018年3月20日、後藤結有撮影
平野歩夢選手(手前)を一目見ようと、県庁に多くの人が詰めかけた=新潟県庁で2018年3月20日、後藤結有撮影

 先月開催された平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢選手(19)=木下グループ=が20日、新潟県庁を表敬訪問し、米山隆一知事に結果を報告した。平野選手は口コミで県庁前に集まった約200人に、手を振ったり銀メダルを見せたりして笑顔で応えた。

 米山知事は「活躍を見て、多くの県民が勇気をもらった。これからもがんばってほしい」と激励した。平野選手は「無事にけがな…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

注目の特集